LIBERTY1

 

このところ、暖かい日も多くなってきてだいぶ春らしくなってきましたね(^^)

こんにちは、カズナです。

 

実は、これはいいことかなぁ?・・・と疑問に思ったことが。

 

昨日のブログでちらっとLIBERTYのことを書きました。

今年は流行するなぁ・・・なんて薄々思ってはいましたが、

な、なんじゃこりゃ~~~!!!

と個人的にびっくりな話だったのでブログにカキカキ・・・φ(・_・”)メモメモ

 

あっ!もしかしていまごろリバティがどうのこうの言ってる私って流行に乗り遅れているかな・・・?みんな知ってる話だったらゴメンね!

 

ユニクロ×リバティがコラボ

 

そうです、びくりな話とは、

まさかユニクロとリバティがコラボするなんて!!

今までも、キティちゃんとコラボとかはあったけれど、まさかユニクロとはね。

(余談だけど、キティちゃんのコラボ生地はかわいかったなぁ)

 

コラボというだけでもびっくりなんですが、

その、コラボするアイテムと価格にさらにびっくり。

(そもそもなんでコラボしようと思ったんだいLIBERTYさん!)

 

私の中でLIBERTYといえばメーター3,000円以上する高価な生地なので、

和奈和奈

かわい~!でも高くて手が出ない。
かわい~!だからハサミを入れられない。
かわい~!だからコレクションしちゃう。

 

と、あたかも生地の神!!(大袈裟。笑)と思えるぐらいの価値ある存在だったわけですが、なぜにカジュアルブランドのユニクロさんと組むのか。

 

あ、ありえない~~!

 

私がありえないと思う理由

 

決してユニクロが嫌いとかでもなんでもない。

むしろ好き!買ってる!着てる!お世話になってます!

 

えっと「ありえない」と思っている理由が

そのコラボした服の値段なわけです。

 

Tシャツが1500円

リラコ(ステテコみたいなルームウェア)1290円

 

ええーっ!!

上下合わせて着ても3000円未満ってどういうことなん???

と思ってしまうわけで。

 

だって、普通に生地買って服作ったら、

何千円、何万円とするわけですよ。

 

それが、生地を買うより安いという。

 

もう、驚きで鼻血でそうです(>□<)

 

もちろん、プリントされているベースの素材が違うっていうのは重々承知しているところではあるのだけれど、自分の中でのリバティの価値が安っぽくなってしまうような気がして少し悲しい。

どうせならもう少し価格を上げて、上質な生地の服を作ってもらいたいところなのだけれどなぁぁ。

Tシャツはまだいいとして、リラコ・・・って、、、リバティがステテコみたいになっちゃうの?

目指すはハリスツィードなの?

しまむらでこの冬流行った「ハリスツィード」のユニクロバージョンという感じなのかなぁ。

しまむらのおかげで、ハリスツイードも有名になったしね。

(わたしも知ったそのひとり)

 

つまり今回のコラボは私が考えるに、

高価なリバティを一般の方でもお求めやすい価格で。

リバティをたくさんの人に広めたい。

というコンセプトなのかもしれないけれどね。

 

はい、その気づかいは、はっきりいって嬉しい!

でも、なんか腑に落ちないんだよね。

私だけ?

 

リバティの価値

LIBERTY2
(私が一番好きな柄)

 

ひとそれぞれ価値観はちがうので、一概にリバティを用いた服が安く買えることを否定したいわけではないんです。

ただ、はじめてリバティというものを知り、手に入れたときの感動を大切にしたいなぁって思っているんです。

可愛い柄の生地だなぁと存在を知り、値段の高さに驚き、それでも購入して大切に大切に使う。ハギレも大切にね。

 

高いブランド生地はそのままの価値観を通してほしいなと思ったりして。

 

好きなものを安く買えるのは嬉しいことだけに複雑な気分だなぁ。。

 

リバティというもともとの生地を知っていたら

「高くて質がよくて素敵な柄がいっぱいある生地」

と価値がわかるけれども、

はじめてリバティを知った一般の消費者からみたら大袈裟な話、

「リバティ=(イコール)ユニクロで安く売ってる物」

と見えないだろうか?

 

たとえば、

はじめてユニクロでリバティを知った人が

「リバティっていう柄があるのね。かわいい!安いし買おう!」

と思って購入したとする。

その購入したリバティの柄の服と同じ柄を次にどこかで見かけたら、あの柄の価値は「1500円ぐらいのモノ」という目で見ちゃうんじゃないかなぁ・・・と心配するんです。
 
 
知っている人からすれば、
「リバティの服が1500円で買える!」
とお得感満載なのですが、

知らない人からすれば、ただの
「かわいい柄の1500円の服」
なわけなんですよね。

 

上手くいえないけれど、

リバティの本当の価値を知らぬまま
「LIBERTY」という単語だけが流行る
という安っぽい感じに終わらなければいいなと思います。

 

企業戦略としては、「LIBERTY」ブランドを広く認知してもらうことで成功なのかもしれないけど。

今までのファンがいだくイメージを無視して、それでよいのかな?と、ふと疑問に思う。

 

私の本音

そう、知名度アップだけなら

コラボしてほしくなかった

というのが私の本音です。

KazunaKazuna

私の「LIBERTY」の生地に対する思い出を大切にしたかったのにーーー!!
なぬぅぅぅーーっ!!

とあたかも恋人にふられたかのように感情むき出ししておりますが、ユニクロもリバティ社もたかだか私の思い出なんぞ知ったことじゃないですね(笑)

 

今年は、ユニクロ以外にも、アフタヌーンティーなどでも沢山のリバティ関連商品が売っているけれど、そういうのは見ていて楽しいからドンドン素敵な商品をみせてねと思う。

今回のコラボ、あまりの安い値段設定に驚きつつ、

きっと、

ハンドメイドで服を作る人ならば、

ユニクロでリバティのTシャツを購入してリメイクしちゃおう。

と考えるにちがいない(笑)

と断言してみるのでした。

 

 

最後まで読んでくれてありがとう!ブログランキングに参加しています。記事が面白かったら下の「おもしろい」バナーを押して応援してくれたら嬉しいです(^-^)更新の励みになります!!


にほんブログ村