手作りした服のあの優しい雰囲気が好きなのだ。

 

私はよく家族や友人やら知人に

「この服つくったの?」

と質問を受ける。

「作ったよ」

と答えれば、

「そうだと思った」

と、
よみがあたってどこか
ほっとした顔を見せられるときもあるし、

「えーこれが作れるの!?」

とびっくり大きい声で驚かれるときもある。

相手の反応は
あまり気にしないようにしているんだけど、
やっぱり気になっていて

ほっとした表情をみせられると
「あぁやっぱり手作りっぽくみえるんだな」
と思うし

びっくりされれば
「よっしゃー!」
って内心ニヤリとしたりする。

 

 

いつしか
「よっしゃー!」を常に味わいたくて
いかに手作りっぽく見せないか
をすごく気にするようになってた。

 

もちろん、
縫製が上達して作れるものが増えると
「既製服みたい」
と言ってくださる方もいて
内心満足してたのも事実。

 

 

だけど、
服を作ることがすきなのに

 

 

手作りっぽさを削ぎ落とす意味ってあるんだろうか?

そして、その手作りっぽさって恥ずかしいことなのか?

 

 

と自分に問うてみたくなった。

技術は上達したいし、
縫えるならどんなものも縫ってみたい。

その気持ちは変わらないけれど、
目指したいのは「既製服」ではない。

 

 

手作りした服のなんともいえない
あの優しい雰囲気が好きなのだ。

 

 

だから、特別なミシンがなくても
縫い目がガタガタでも
柄合わせがうまくできていなくてもいい。

 

ちょっと失敗した服だって
誰か(それは自分も含まれる)を
想って作ったことはまちがいないから。

 

 

もうそれだけで充分価値があるものだから
それを自分が否定してはいけないし
周りの反応で一喜一憂する必要もない。

 

 

私は、
自分の発想と手で自由に作ることができる
手作り服が大好きだ。

 

 

ブログランキング参加中です♡

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 子供服(洋裁)へ
にほんブログ村

 

 

 

 

※コメントもお待ちしております^^承認制になっておりますので承認後に表示されます。
(返信まで数日お時間いただくかもしれません。申し訳ありません。)

 

 

 

 

インスタもやっています♪
お気軽にフォローしてくださいね。
 

Instagram

 

手作りした服のあの優しい雰囲気が好きなのだ。” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 笠原 裕子 より:

    竹岡さま

    すっごく共感します〜
    私もソーイング歴長いだけで、自己流なのですが
    竹岡さんと同じく聞かれることもあります。
    そんな時、私もちょっと嬉しいです。
    手作りに見えたり見えなかったり
    でも、私は吊るしのお洋服よりも自分で好きな生地で好きなカタチで似合うお洋服を作りたいのです。
    着ていて、着心地が良くてそんなお洋服を目指しています。
    自分で一生懸命時間を掛けて作ったモノは、大切に着ますし 大事にしますしね。
    ブログもフェイスブックも新着も楽しみにしております〜

    1. nuno_kurashi_home より:

      笠原さま>
      共感いただけて嬉しいです(^_^)
      あ!そうですよねっっ。わたし、大事なこと忘れてましたっ。
      ハンドメイドに見えるとか、見えないとかじゃなくておっしゃるとおり
      「好きな生地で好きな形。似合う形。そして着心地のよさ。」
      これ本当に大切ですよね~!
      とことん、自分の好きを追及できるのがハンドメイドの良さですよねっ!
      いつもご来店いただき本当にありがとうございます~~(T▽T)嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です