家族の服をハンドメイド!手作り服を応援する生地屋

生地屋ぬのとくらしと

ブログ記事カテゴリー

生地を買うなら「ぬのとくらしと」オンライストアへ

布帛とニット生地の縫い合わせのちょっとしたコツ【型紙:リバーコート生地】

 
カズナ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カズナ
ニット生地を中心とした服地用の生地ショップ「ぬのとくらしと」の店長やっています。 プライベートでは2児の母(年長・年少)の母ちゃんです。 ニット生地マニアであり、ニット生地を使ったこども服作りを得意としています。

 
こんにちは。かずなです(^^)
 
最近、寒くなってきましたね。
 

 
今日は「布帛」と「ニット生地」の縫い合わせについて
リバーコートの例を使ってご紹介しますね!
 
 
リバーコートは表と裏のコートを
それぞれ作ってそれを縫い合わせてできる
簡単なコートです。
 
 
>>>リバーコートの商品ページ
 
 
リバーコートじゃなくとも
どこかで布帛とニット生地を縫い合わせる
機会がありましたら
ぜひ参考にしてみてください♪

 
 

布帛とニット生地を合わせて縫うのは難しい??

 
 
ズバリ
生地による
と思います。
 
 
布帛は一般的に伸びない
(ストレッチがあるものもあるけれど)
 
のに対して、
 
ニット生地は伸びます。
 
 
 
「伸びない」ものと「伸びる」
 
 
ものを一緒に縫い合わせると
伸びる生地が最終的にあまっちゃうわけです。
 
裁断した時点ですでに伸びる条件が始まってて、
手でごそごそ触っているうちに
少しずつ伸びていきます。
 
そして、
縫う時にミシンの押さえ金でギューっと
押さえつけられたら
やっぱりニット生地のほうが伸びちゃうんです。
 
 

 
ちょっとわかりにくいのですが、
このリバーコートは
 
表が「ポリエステルの布帛(ストレッチなし)」
裏が「ニット生地(ミニ裏毛)」
 
 
になっています。
 
 
ここで大切なのは裏生地のニットを
 

テンション低めのニット生地
 
にしてあげることです。
 
 
※テンションとはニット生地の伸び具合のこと
 
 
裏毛でも天竺でもスムースでも
テンションが高めのものもあれば
低めのものも存在します。
 
 
その中で低めのものを
選んであげると縫い合わせもスムーズです♪
 
伸びる生地を選ぶと
どんなに気を付けていても
縫いずれる可能性が大きいです(^^;)
 
 

テンション低めのニットにさらにつけたし!

 
 
テンション低めのニットでも
やっぱり斜めの場所や横は
少なからず伸びます。
 
ニット生地はわりと
縦の生地の目方向には伸びないものが多いので
(テンション低めならなおさら)
すべての縫い合わせ部分が
そうだと良いのですが、
そうもいきませんよね。
 
 
 
 
いくらテンション低めの生地を選んでも
縫っているうちに伸びてくる可能性ありです。
 
そんなことを防止するためにも
布帛との縫い合わせが必要な部分に
接着芯(伸び止めテープ)を貼っていきます。

 
接着芯はニットタイプのものを細く切っても、
伸び止めテープでもどちらでもOKです。
 
 
リバーコートの場合はこちら。
 
 

 
 
網掛け部分が貼る必要がある場所です。
 
肩以外は布帛と縫い合わせます。
 
肩は布帛と縫い合わせはない箇所ですが、
ここはTシャツ作りなどと一緒で
斜めのところは伸びるので貼ります。

 
 

 
貼ったところ。
 
前部分がめくれちゃってて
見にくくてすみません。
 
縫い合わせ部分に
ぐるりと伸び止めテープ(1.2cm幅)を
貼りました。
 
これであとは縫い合わせていけばOKです。
 
 

 

まとめ

 
<ニット生地と布帛との縫い合わせで注意すること>

  • ニット生地をテンション低めのものをつかう
  • 縫い合わせ部分に接着芯(伸び止めテープ)を貼る

 
 
接着芯は作るアイテムや
縫い合わせる距離によってちがってくるので、
貼ったり貼らなかったりですが、
今回のようなコートだと貼ったほうが安心♪
 
 
でも、一番縫いやすくするのはやっぱり
ニット生地をどのくらいのテンションのものを
準備するかに限ると思います(^^)
 
 

オマケ:リバーコートの平置き

表に使った生地>>>
>>>撥水加工さらさらポリエステル(ブラウンブラック)
 
 

 
裏に使った生地>>>
ミニ裏毛(過去販売生地) 
 
 
ちなみにこちらのコートは
お義母さんにプレゼントしました♪
 
 
リバーコートの試作品を見せたときに
 

「こんな形のぱっと羽織るのがほしい!
 車移動&重ね着していると
 そんなに分厚いコートいらんし、
 普段使えるさっと羽織る
 ごつくないものがいい。作って!」
 
 
と言ってくれたので、
完成してからプレゼントしました。
 
 
「こんなのほしかったねん♪」
 
と喜んでもらえました(^^)V
よかった。
 
 
*****

>>>ぬのとくらしとオンラインストアTOP

この記事を書いている人 - WRITER -
カズナ
ニット生地を中心とした服地用の生地ショップ「ぬのとくらしと」の店長やっています。 プライベートでは2児の母(年長・年少)の母ちゃんです。 ニット生地マニアであり、ニット生地を使ったこども服作りを得意としています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 生地屋ぬのとくらしと , 2019 All Rights Reserved.