【無料型紙】たちまちショートパンツの裏地付きアレンジ

 
 
こんにちは。かずなです。

たちまちショートパンツの裏地付きの作り方をご紹介いたします!
 
裏地をつけていただくと
 
 

 
 
こんな感じでレース生地でも
おつくりいただけるようになります♪ 
 
 


(※こちらの生地セットは完売しております)
 
今回使った生地は「綿レース」と「薄手のタイプライター」です。
  

レース生地をあまり使ったことがないよ~
 
 
という方は穴が
少なめな綿レースから
チャレンジしてみるのがおススメです(^^)
 
 
今回は「綿レース」をメインの生地、
「ライプライター」を裏の生地として
使用して作りました。
 
 
作り方はざっくりいうと、
 
[aside type=”pink”]
外のパンツ(綿レース)と
内のパンツ(タイプライター)の
2つを作って
ウエストで縫い合わせる。
[/aside]
 
です。
 

[voicer icon=”https://nunokura.jp/wordpress/wp-content/uploads/2020/01/smile.jpg” name=”かずな”]両方綿素材で作れば気兼ねなく裏地付きが初めてさんでも作っていただけますよ~![/voicer]

 
 
それでは説明させていただきますね。
  

 

裁断

 
外・内パンツを裁断する際に、
いつもより少し短く裁断する部分があります。
 
外と内パンツで異なりますので、
下の図を参考にして裁断してください。

 

 
 
外パンツは裾の縫い代が2cmのところを
マイナス2cmして縫い代を2cmにします。
 
特に縫い代を短くしなくても
問題ないところではあるのですが、
2枚重ねるので出来上がりが
すこし軽めに見えるかと思います。
(劇的には変わらない。。。笑)


 
内パンツはウエストの縫い代(3cm)が不要です。
また裾の縫い代(4cm)も不要です。
 
裾は表パンツからでないように短めになります。
 

縫う

  
縫い方はとくに難しいことはありません!
(きっぱり)
 
外パンツと内パンツをそれぞれ縫います。
 
ウエストはまだ縫わないでくださいね。
 

裾は縫い代幅が変わっていますので、
下の図のように1cmの3つ折りにします。
 


 
 
 

 
 
外内パンツが縫えたらドッキングしていきます!
 
外パンツのウエストの縫い代3cmをアイロンでしっかりと折り目をつけておいてください。
 


 
 
内パンツを中表にして、
外パンツの中に入れます。
 


 
 
外パンツのウエスト部分に
アイロンで折り目をつけてあるかと思いますが、
そこに内パンツの
ウエスト部分(縫い代はない)を合わせて
まち針で止めます。


 
 
外パンツと内パンツを一緒に縫います。
 
出来上がりに左右される場所なので
なるべく際を縫ってくださいね。
  

これで内パンツが外パンツにつきました!
 

 


 
 
外パンツの縫い代を折って
通常どおり2.5cmで縫います。
 

 

完成

 
  
 
これで、あとはフリルをつけて
ゴムを通して終わりです♪
 

 
 
レース生地だけではなく、
透け感ある素材やウール生地などで
作りたいときにも有効だと思います。
 
 
きれいに仕上げるポイントは
 

薄手の生地を使うことです!!
 
 

ぜひ作ってみてくださいね~!!
 
たちまちショートパンツの型紙ダウンロードは下のバナーからどうぞ。
 
 

  
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください