家族の服をハンドメイド!手作り服を応援する生地屋

生地を買うなら「ぬのとくらしと」オンライストアへ

ミシン部屋(アトリエ)作り中♪ミシン机をリメイクしたよ!

 
カズナ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カズナ
ニット生地を中心とした服地用の生地ショップ「ぬのとくらしと」の店長やっています。 プライベートでは2児の母(年長・年少)の母ちゃんです。 ニット生地マニアであり、ニット生地を使ったこども服作りを得意としています。

こんにちは!
生地屋ぬのとくらしとのカズナです。

ミシン部屋の引っ越しも
(そろそろアトリエって言おう。笑)
ようやく落ち着いてきました。
 
落ち着いてきたといっても、
きれいに片付くのは
もうちょっと先になりそうで、
荷物を運び終えた、
という感じなんですけどね。
 
ふぅぅぅ~
 
まずは大量の荷物を
運び終えたことに
ほっと 一息ついています。
 
さて、きのうのブログでも
ちょっとだけつぶやいてたんですが、
ミシン台に色を塗るかどうしようか
悩んでいました。
 
それで、結局どうしたかというと・・・
 
 
 
塗りました!!
 
 
北欧っぽい
落ち着いた赤やブルーに
塗ってアクセントにしよう!
とたくらんでいたのですが、
ほかにアクセントになりそうなものを
見つけたのであまりヒネリもなく
白系に塗りなおしました。
 
 

 
そもそもミシン机は
数年前にDIYして作ったものです。
 
SPFで土台をつくって、
幅45cm×長さ180cmのパイン集積材を
天板にして作ったのでした。
 
とくに塗装もしないでずっと使っていて
いい感じに日焼けもしてきたし、
ナチュラルカラーが
お気に入りではあったのだけど
新しい場所にはちょ~っと合わない。
 
なので、ふたたび
 
 

 
ターナーミルクペイント登場!
 
察しの良い方はお気づきかもしれませんが、
昨日のあまりです。
 
ハケでぬりぬり。
 
無垢材のせいか思ったより
ペンキの吸収がよいような気がします。
 
やばいです!
ペンキが足りません。
 
買いに行くのも面倒です。
(オイッ!)
 

 
仕方なく見えるところだけ塗りました。
 
よく言えば、アンディーク風。
そのまま言ったら雑(ざつ)!!
 
もうペンキは買い足さないと決めたので、
ハケを木に強く押し当てて
最後の一滴を絞り出すように
むりやり塗りました(笑)
 
おかげで脚は
まぁまぁ白っぽく塗れた気がします。
 
お次は天板なのですが、
こちらは
 

 
ブライワックスを使います。
 

 
ふたを開けると、
コールタールなみに真っ黒な
ワックスがお目見え。
(色は他にも種類がありますよ~!)
 
これを布にとって天板に塗ります。
 
厚くぽってり塗ってしまうと、
色移りしてしまう可能性もあるので
薄めに塗って布でゴシゴシ拭きました。
 
このブライワックス、
夏場の暑い季節になると塗料が
溶けてしまうみたいで、
なんどか色移りを経験しました。
 
きっと仕上げにニスを塗ったりして
色が落ちない良いやり方があるんだろうけど
よくわからないので今回は薄めで(^_^;)
 

 
一度薄くぬって
こんな感じになりました~!
 
光ってよくわからないので
アップでも撮影してみましたよ。
 

 
かなり適当な塗り方で
お恥ずかしい限りです(笑)
 
ちょっと茶色くなればいいかなぁ
レベルのイメージなので
これでよしとしちゃいます!
 
 

 
塗料が乾いたらミシンを配置して完成!
 
天板のムラもミシンで隠れちゃうし
案外適当が正解だったのかな?
と思っちゃいました(笑)
 
こんな感じに変わりましたよ~!
 

 
 
 
ふぅ、ゴシゴシ塗るのは疲れました。
 
なんとか塗るという目標は達成したし、
部屋の統一感もでてしっくりしたので
心が落ち着きました(←これ大事!笑)
 
 
さて、窓枠やらテーブルやら
色を塗り替えてきたわけなのですが、
まだできていないところが。
 
それは、
 
床!!!
 
床は下が倉庫なので、
冬場は下から冷気がきて
とくに寒くなるだろうし
クッションフロアを貼ろうか迷ったのですが、
大変そうだったので
今回リフォームは見送りました。
 
そのかわり、
 


 
ホームセンターで素敵な色の
マットに一目惚れ。
(コーナン製です。笑)
 
気休め程度ですが、
これで机のそばで作業しても
足がつめたくないはずっ!
 
 

 

最初のほうで
アクセントになりそうなものを見つけた、
といっていたのですが
このマットのことでした。
 
アクセントとといういうには
サイズが小さいけれど、
差し色にはなったかしら??
 
 

 
まだまだ改良の余地がある部屋だけど、
なんとか無事にミシンも置けて
今日から縫い物が
できるようになりました!
 
あとはこのきれいな状態を
キープしていかないとね。
(それが一番の課題だ!)
 
 

 
 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
カズナ
ニット生地を中心とした服地用の生地ショップ「ぬのとくらしと」の店長やっています。 プライベートでは2児の母(年長・年少)の母ちゃんです。 ニット生地マニアであり、ニット生地を使ったこども服作りを得意としています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 生地屋ぬのとくらしと , 2018 All Rights Reserved.