家族の服をハンドメイド!手作り服を応援する生地屋

生地を買うなら「ぬのとくらしと」オンライストアへ

ニット生地でつくる、はじめてのハンドメイドの子供服体験!縫ってもらった感想もきいたよ!

 
カズナ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カズナ
ニット生地を中心とした服地用の生地ショップ「ぬのとくらしと」の店長やっています。 プライベートでは2児の母(年長・年少)の母ちゃんです。 ニット生地マニアであり、ニット生地を使ったこども服作りを得意としています。

 
 
こんにちは カズナです。

年内最後の洋服づくり教室を開催しました!

参加者は、前回からはじめてのトレーナー作りを体験中のYちゃん
お子さんはお家でお留守番だそうです。
 
 
▽前回の教室の様子はこちらから▽

ミシンの人口が増えて嬉しく思った日。縫いたい気持ちが縫えるようになる。

まさに、はじめてのハンドメイド子供服!!

あとは袖と襟のリブ付けと袖付けをして完成予定です。

あともう少しで完成よ。がんばれー!!
 
 

今回の教室はこんなことをやりました!

 
 
今回の教室の内容をご紹介しますね!

お子様がいなかったこともあり、子育ての話をしたりしながら落ち着いた雰囲気で制作してました。

赤ちゃん大勢のにぎやかな開催も楽しいし、たまには大人のみの落ち着いた開催も楽しかったです。
(私が楽しんでどうするー笑)
 
 

活躍したミシンはこちらの2台!

右が家庭用ミシン
左がロックミシンです。

ロックミシンは主に生地の縫い合わせ用。

家庭用ミシンは「直線縫い(まっすぐ縫う事)」のみを使って仕上げ用に使います。

すこし久しぶりのロックミシンだったため、最初に少し練習をしてもらいました!
 

きれいに仕上げるなら練習は必要よ!

これは、袖リブを付ける練習です。

こども服は小さくて縫う距離が短いため一見簡単そうに思えるのですが、ひとつひとつのパーツが大人と比べて小さく細かい作業が多いので思いのほか縫いにくかったりします。
 
 

な・の・で
はじめは練習が肝心!!
 
 
いかに小さい輪っかをきれいに縫うか、納得いくまで縫ってもらいました。
 
 

 
教室をするとき、私はいつも自分がニットソーイングをはじめたころのことを思い出します。
 

はじめてニット生地で洋服を縫ったときは右も左もわからず本やネットの情報とにらめっこ。
 
なんとか完成したのはすごく嬉しかったけれど、かなりよれっとした洋服が出来上がったのを覚えています(笑)
 
 
 
ニットソーイングのいいところは、縫うのに高度な技術も技も必要ないところ。
 
どなたでも縫っていただけて手軽にハンドメイド服が完成するのがいいところ!!
ちょ~っと失敗してもなんとかなるしね(笑)
 
 
そして、なによりすぐ売り物レベルが完成するところです。イヒヒ
 
 
Yちゃんも、
ロックミシンをかけながらときどき

「やっちゃった・・・」

みたいなオーラを出していたけれど、とってもきれいに縫ってました!
 
 

雑学も体験してもらったよ~!

そして、今回は余裕があったので少し脱線してフライスという生地も試し縫いしてもらいました。

これはなぜやったかというと、

ニット生地を直線縫いで普通に縫ったら、どれだけ縫いにくくて縫い伸びして生地がヨレヨレになるのか

を体験してもらたかったんです。

トレーナーの制作の最後の仕上げとして首回りに直線縫いでぐるっと一周ステッチを入れてもらうのですが、

「縫うときに生地をひっぱりながら縫うと仕上がりがうねってかっこ悪いよ」

という話をしていたんですよね。

たまたま、いま作っているトレーナーの裏毛ニットは縫いにくいものではなかったので、「縫い伸び」はあまりしませんでした。
 

だけどニットソーイングをやりはじめると「縫い伸び」でつまづくこともあるのでそれをわかってもらいたくって。
 
 
フライスはニット生地を家庭で縫うにはなかなか難しい生地でもあります。

 
同じ縫い目でもいろんな種類の生地で試してもらうことにより、より「縫い伸びする」ということがわかってもらえるんじゃないかな?

と思ってちょこっと試してもらいました。
 

いつもの教室は小さなお子さんが同伴のことが多いため細かいところまではお伝えできてないのですが、余裕があればこいう小ネタも教えさせてもらっていま~す!
 
 

はじめてのハンドメイド子供服の完成!

Yちゃんの力作!!
はじめてのハンドメイド子供服!!

と~~っても可愛くきれいにできています♪

修正したところも縫いほどいた場所もあるけれど、まったくわかりませ~ん(笑)
 
Yちゃん、グッジョブ♪♪
 
  

感想はいかに??

 
それでは、はじめてのトレーナー作りで難しかったところを質問しましたよー^^

今日のトレーナーはどこを縫うのが一番難しかったかな?

カズナ

袖を付けるのが一番難しかったです。
リブをつけるのはそうでもなかったんですけど。

Yちゃん

なるほど。袖つけかぁ~!縫っているときに生地がずれて難しいよね

カズナ

そうなんですよ~、リブは生地がしっかりしていたからかな?縫えたんですけどねぇ。なんでだろう

Yちゃん

 
袖付け・・・

確かに難しいところでもありますよね。

2枚重ねて縫っているはずが下の一枚がずれてしまうなんてこともありますよね~!

これも少しずつ経験を積んでいったらすぐに解消される部分だから大丈夫!!

多少の縫いずれだったら直線縫いでカバーしましょう。それができるのがニットソーイングの良いところです(笑)

 
 
instagram のほうでも感想を載せてくれました^^嬉しくて転記させてもらいました!
 

 
【Yちゃんの感想】

ミシンも触ったことがなかった私にも作れました。
 
これも一から丁寧に丁寧に教えてくださった先生のおかげ。感謝しかないです!
 
なかなかなれない作業で大変やったけど達成感があって、また作りたい♡
 

 
完成したお洋服を見てご主人も喜んでくださったそうですよ~!
 
 

はじめてのハンドメイド服づくりYちゃんも喜んでくれて、私もとっても嬉しかったですーーー!!

参加ありがとうございました!!
 
 

まとめ

 
 
はじめての洋服づくりを体験してくれたYちゃん。
 
前回と今回の合計2回で一着完成できました!
 
ニットソーイングってはじめはすごくハードルが高く思えるんだけど、やってみたらそうでもないんですよね。

すこし教えるだけでトレーナーやTシャツなんかは、すぐに縫えるようになっちゃう。
 
肝心なのは失敗をしないためにもいかに生地を組み合わせるかでしょうか。
 
 
でもね、洋裁に技法はあるけれどルールはないと思うので、どんどんチャレンジしていくのがいいんだと思っています。

生地の組み合わせも無限大だーーー!!

カズナ

私もまだまだ縫いたいものが沢山っ!!ニットソーイング奥が深くってめっちゃ楽しいですぉ!!
 
 

教室はどうやって参加できるの?

 
 
現在教室は紹介制でやっています。
(めっちゃ高級サービスみたいね。笑)
 
 
というのも本業と平行してやっているためにななかなか時間がとれなくて
(言い訳。汗)
 
 
来年度から本格的にやりたいと思っています!!
なので、お子さんの服を作ってみたい方、ハンドメイドの子供服が好きな方よかったら参加してくださいね~!!
 
 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
カズナ
ニット生地を中心とした服地用の生地ショップ「ぬのとくらしと」の店長やっています。 プライベートでは2児の母(年長・年少)の母ちゃんです。 ニット生地マニアであり、ニット生地を使ったこども服作りを得意としています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 生地屋ぬのとくらしと , 2017 All Rights Reserved.